自然の植物から得られる染料の中で「ブルー」を染められる染料は2種類しかない。

一つはクチナシの実を発行させて作る「クチナシブルー。

もう一つが「藍」です。

「藍」は柳タデの葉や茎を発酵させて作ります。

そして、「藍」という染料は植物からとりますが、他の植物染料とは異なり、バット染料という種類になります。

この染料は酸化させて発色させるので、濃度を上げるためには何度もなんども染料の浸透と発色を繰り返さないといけません。

色目としては濃い順に「ディープネイビー」「ネイビー」「マリンブルー」「スカイブルー」「クリアブルー」といった色が用意されます。

インドタデから作られるのを日本の蓼と区別してインド藍と呼びます。

インドタデのほうが色素がたくさん取れるのでなんとなく価値が低く見られますが、色目的には変わりません。

ジーンズなどでいうインジゴはこのインド藍のことを言いますが、今では合成染料に置き換わっています。

日本では藍染は江戸時代に大流行したのですが、そのほとんどはコットンを染めていました。

染める際アルカリを使いますので、シルクは傷みやすいというというむつかしさもあったのではないかと思います。

 

よく似た野草ではイヌタデというのがどこにでもありますが、小さく葉も細いので、多分誰もそこから染料をとろうとは思わないでしょう。

タデは、残念ながら花言葉はありませんが、ことわざ的には「蓼食う虫も好き好き」というのがあります。

これは苦味が強いため、虫もほとんど寄り付かないだろう、との憶測から笑まれたと思われますが、何のことはない、人間も食材とします。

刺身のつまにも使いますが、アユの塩焼きにつけるタデ酢というのがありますね。

又、ジーンズなどのインジゴは虫よけになるといいますが、これも蓼食う虫も好き好き、という言葉から派生したものと思われます。