catechu(カテキュー)

薄めに染めると、少し日に焼けた肌の色、というところでフレッシュオレンジとして登場しています。

カテキューは英語名でいう「ミモザ」が良く知られています。

豆科常緑低木で春、桜の頃に小さな黄色の花が房状になって咲きます。

幹材を煮だして染料を作ります。

mimosa(ミモザ)は葉に刺激を与えると古代ギリシャの身振り劇ミモス(mimos)のように動く事から名前がついたとされている。

似た葉っぱでオジギソウ属のものは葉をとじるが、残念ながらこのアカシア属のものは動かない。葉が似ているので何処かで間違って名前が付けられたものらしい。

*ミモザはアカシア属の木で「ギンヨウアカシア」とも言います。

花言葉は「優雅」「友情」「秘密の愛」

**4/9の誕生花