7.桑の葉グリーン

桑(mulberry)の葉から抽出した少し青みのあるグリーンです。

通常、緑という色は植物から抽出する段階で壊れてしまいますので、特殊な製法で緑葉のエキスを抽出して染料としたものを用います。

アルミで媒染したもので、薄い色として「アイスグリーン」

濃度を上げる順に「ベビーリーフ」「ピスタチォグリーン」「ピーグリーン」といった色を用意しています。

また、エンジュの染料を混ぜることで黄みを帯びた「スプリンググリーン」を作り出します。

桑の葉はシルクの元、蚕の食べ物です。

そのシルクは日本の基幹産業であった明治から第二次世界大戦後昭和の半ばまで日本の経済を支えてきました。

桑は古くから蚕の餌として栽培されて来た物で、放っておくと15mぐらいの高木になりますが葉を蚕に与えるため常に伐採されて来て余り大きくなった木は見当たりません。

八王子では、養蚕が途絶えて伐採しなくなって大きく伸びている桑の木を見かけました。

春に花を咲かせ、夏に木いちごのような実がなります。

木いちごのRaspberryに対してMulberryと言いますが、木いちごよりは少し甘みは薄いです。

桑の根皮は生薬として利尿、血圧降下、利尿効果などで使われます。

又、桑の葉はお茶として用いられたり、若葉を天ぷらにして食べることができ、血糖値を下げる効果があります。

又、幹は硬く黄味をおびていて、工芸品に用いられる等、全てを使えるすばらしい木なんですが、養蚕の衰退とともに忘れ去られているのが少し寂しいですね。

 *花言葉 「あなたのすべてが好き」「知恵」

 *誕生花 残念ながら見つかりません。